よくある質問

保険代理店と通販(インターネット等)では、契約にどのような差があるのですか?

A.保険会社と契約するまでのアプローチが違いますし、その後の対応も異なります。

私ども保険代理店は、保険会社・商品とお客様の架け橋になり、保険会社に代わってお客様と契約を締結します。

一方、通販型では、すべての手続き・契約をインターネットや電話、郵送などで保険会社と直接行うことで、お手ごろ感があります。ただし、商品の理解や加入内容の決定は独力で行い、自己責任になります。

代理店型か通販型か、保険の種類や目的にあわせて判断するとよいのではないでしょうか。


メールや電話でも保険の相談ができますか?

A.はい、できます。お気軽にご相談ください。


相談する前に少し考えたいので、資料を送ってもらえますか?

A.もちろんです。ご希望される資料の詳細をお伝えください。


「保障の見直し」はどのような時にしたらいいのでしょうか?

A.保険は一度ご加入されたら、その内容のままでよいというものではありません。
逆にちゃんと分析することなく、勧められるままに新しい保険に切り替えるというのも望ましくありません。

人生の節目においてお客様にどのような保障がどれくらい必要となるかは変化していくものです。私どもは損害保険だけではなく、生命保険もお取り扱いしております。FPなど、周辺知識の研鑽にも努めております。お役に立てそうなことがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。


友人の車を運転中に事故を起こした場合、自分の契約している自動車保険で補償の対象となりますか?

A.お互いが自家用8車種であれば通常は補償できることが多いです。損保ジャパン日本興亜の自動車保険の場合、THEクルマの保険(個人用自動車保険)、記名被保険者(ご契約の自動車を主として使用される方)が個人である自家用8車種のSGP(一般自動車保険)契約には、他車運転特約が自動セットされています。補償の対象範囲などわかりやすくご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。


医療保険には、60日型や120日型などいろいろありますが、よくわかりません。

A.例えば60日型ですと、病気やケガで入院した場合、1入院につき60日まで保障されます。

ただし、注意しなければならない点があります。保険での1入院の定義とは、2回以上の入院をして、その間隔が180日以内の場合、即ち退院後、180日以内に再入院を繰り返した場合、それが病気の原因や関連性が高いと思われる病気での再入院であるときに、前の入院からの継続した入院、即ち、1入院とみなされます。

言い換えると、何度も再入院を繰り返すような入院になれば、すべての入院日数を合計して、1つの入院とみなし、1入院の日数の保障をするということです。

その点をよく理解したうえでご検討されるといいのではないでしょうか?わかりやすくご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。


    損保ジャパン NKSJひまわり生命